居宅介護支援事業所(ケアプラン作成)とは?

居宅介護支援事業所は居宅において利用できるサービス(介護保険サービスだけでなく、介護保険対象外サービスも含む)等の紹介やサービスの調整、居宅支援サービス費にかかる費用の計算や、請求等を要介護者の代わりに行う事業所です。指定居宅介護支援事業者には法人格が必要で、申請により都道府県が指定することになります。居宅介護支援事業所には介護支援専門員(ケアマネジャー)が常勤でいる事が義務づけられ(他の業務との兼任可)、要介護者の依頼を受けて、心身の状況、環境、要介護者や家族の希望等を考慮して介護支援計画(ケアプラン)を作成したり、その他の介護に関する専門的な相談に応じる事となっています。 介護保険制度は高齢者ができるだけ在宅で自立して暮らせるようにサポートするための制度です。ケアマネジャーは常に、ご利用者様・ご家族様の視点に立って在宅介護の支援を行っています。

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは?

保健、医療、福祉分野で一定の実務経験があり、所定の試験・研修を修了した介護の専門家です。利用者の状態にあわせて居宅サービス計画(ケアプラン)を作り、サービス事業者の手配・調整をしたり、ご利用者様が介護サービスを適切に利用できるように支援する役割を担っています。施設サービスを希望するご利用者様には、施設を紹介します。

ケアステージつくばみらいには2名のケアマネジャーがいます。お気軽にお問い合わせください。

主任介護支援専門員:岩尾 悦子
主任介護支援専門員:滝本 ますえ

※主任介護支援専門員とは、十分な知識・経験をもつ介護支援専門員で、ケアマネジメントを適切かつ円滑に提供するために必要な知識・技術を修得した者で、原則として介護支援専門員の実務経験が5年以上あり、所定の専門研修課程を修了した者となります。

対象となる方・ご利用できる方について

【65歳以上】 介護が必要と認定された方で病気は問いません。
【40歳~64歳】 老化が原因とされる病気(特定疾患)により、介護が必要であると認定された方。

料金について

ケアマネジャーの利用料は、全額介護保険から給付されますので、自己負担はありません。

居宅介護支援事業所におけるサービス内容

要介護認定申請の代行及びその他介護保険に関わる諸手続きの代行
在宅介護・在宅生活に関する相談援助
居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
介護サービス提供事業者との連絡調整等
医療機関等の連携
介護保険外の福祉サービスの手続き

居宅サービス計画(ケアプラン)

在宅サービスの中から、利用される方の心身の状態・家庭環境にあったサービスを組み合わせて、在宅生活を支援するものです。

介護保険在宅サービスの種類

訪問介護(ホームヘルプ)
訪問入浴介護
訪問看護
訪問リハビリテーション
通所介護(デイサービス)
通所リハビリテーション(デイケア)
短期入所介護
福祉用具貸与
福祉用具購入費・住宅改修費
居宅療養管理指導

事業所概要

名称ケアステージつくばみらい指定居宅介護支援事業所
所在地つくばみらい市富士見ヶ丘1丁目14番地2カルデアⅠ
事業所番号0875500068
管理者名岩尾 悦子(主任介護支援専門員)