「住み慣れたご自宅で、自立した生活を送りたい」という想いを支援します。

居宅介護支援事業所(ケアプラン作成)とは?
居宅介護支援事業所は居宅において利用できるサービス(介護保険サービスだけでなく、介護保険対象外サービスも含む)等の紹介やサービスの調整、居宅支援サービス費にかかる費用の計算や、請求等を要介護者の代わりに行う事業所です。指定居宅介護支援事業者には法人格が必要で、申請により都道府県が指定することになります。居宅介護支援事業所には介護支援専門員(ケアマネジャー)が常勤でいる事が義務づけられ(他の業務との兼任可)、要介護者の依頼を受けて、心身の状況、環境、要介護者や家族の希望等を考慮して介護支援計画(ケアプラン)を作成したり、その他の介護に関する専門的な相談に応じる事となっています。 介護保険制度は高齢者ができるだけ在宅で自立して暮らせるようにサポートするための制度です。ケアマネジャーは常に、ご利用者様・ご家族様の視点に立って在宅介護の支援を行っています。

■訪問介護とは?
訪問介護は、ご利用者様が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)がご利用者様のご自宅やサービス付き高齢者向け住宅や住宅型有料老人ホームの居室等を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)を行います。

更新情報・お知らせ

2016/02/13
採用情報を更新しました!NEW
2016/02/13
ホームページをリニューアルしました。NEW